お祝花のお返しについて

開店祝いを例にしますと、お店を開店して多くの人に開店祝いとして胡蝶蘭や品物を頂いた。
そんな時にお店を開店させたオーナーさんが気になるのは開店祝いのお返し、つまり内祝いです。

 

開店に際してのお返しに関しては色々と意見が分かれるところのようです。
ちゃんとお返しはしなくてはいけないと思っている人もいるようですし、軌道に乗るまで余計なお金を使う余裕はないと言う人もいます。
送った側もお返しは不要と思っている人もいるようです。

 

どちらも間違ってはいないと思いますが、人付き合いのマナーとして、基本的にはお返しをする方が良いでしょう。
金額的には「半返し」と言われている、頂いた品の半額程度のお返しがマナーとなっています。

 

ただ、開店祝いのお返しはパーティーなどを開くのなら不要だと言われています。
パーティーに招待をしてその費用をオーナーが出しているからです。

 

お返しをするとしても半返し以上の大げさなことはしなくても良いかと思われます。
飲食店ならお店で使えるチケットなどでも良いでしょうし、お菓子やタオルや食器などの実用的なものが一般的なお返し品のようです。

 

お返しはもらった物の半額程度の物を贈るというのがマナーですが、何分にも開店にはお金を相当にかけているはずです。
そこまで気にしないでも、「ありがとうございます」という気持ちが伝わるようなら金額はそれほどこだわらなくても構わないと思われます。

 

胡蝶蘭などは高額になりがちですので、お返しもそれなりの金額になります。

 

お店の名前を入れたり、ノベルティグッズなどを贈るのも良いでしょう。
内祝いを送る時期は開店から2週間以内程度が一番良いと言われています。

 

いずれにしても、お祝いの気持ちで頂いた贈り物に対してのお返しとなるわけですから、お礼の気持をこめて贈るということが大切です。

 

大阪胡蝶蘭