昇進や就任祝いにおすすめの胡蝶蘭

就任祝いというのは知人や取引先でお世話になっている人などが人事によって社長や役員になった人に対してお祝いをすることです。

 

尚、役職があるだけでは就任とは言わず、役員ではない場合は昇進になるため、お祝いをする場合は昇進祝いという形ですることになります。

 

ほとんど話したことがない相手でも取引がある以上は無視できず、きちんと就任祝いとして花やギフトなどを贈るのが一般的となっています。
これも社会人のマナーとして捉えておく必要もあります。

 

社長や役員になるということは、それからの社運を背負っていくということでもあります。
自分からなりたくてもなれるものではなく、これまでさまざまな努力をしてネットワークを構築してきたことによって取締役になることができます。

 

大阪に就任祝いの胡蝶蘭

 

そのため、就任祝いの花などを贈る場合はきちっと贈ることが大切です。
贈るタイミングとしては社長に就任した日に届けるのがもっとも多く、その次は六曜の関係から就任する日から日柄がいい日を選んで贈るのが一般的です。

 

気をつけないといけないのは、就任が決まっても前の取締役が会社内にいることがあり、前職の人が残っているタイミングで贈ってしまうと失礼になる場合もあります。
また、会社の取引先であれば同じ職場の上司や部下も贈ることが考えられるので、相談しながら贈るタイミングを考えることも大切です。
胡蝶蘭を贈る場合はなるべく早めに注文の準備をしておきましょう。

 

昇進と就任の違いについて

ビジネスにはさまざまなお祝い事があり、同じ会社の人だけでなく取引先の会社で喜ばしいことがあった場合もお祝いをすることがあります。
特に社長や会長などその会社にとって重鎮になる人が新しく就任するような場合は会社を挙げて祝賀会などを行います。

 

同時に付き合いがある人は就任祝いを贈るのが一般的となります。
就任祝いの花として贈られることの多い胡蝶蘭の相場については3万円から5万くらいが一般的になっています。

 

また、同じくビジネスの祝いの中で多いのが昇進祝いになります。
昇進というのは例えば係長から部長になるなど会社の中で役職が上がることで就任祝いと同じように出生するのでおめでたいことです。

 

この場合も近しい関係にある人は昇進祝いを渡すのが一般的となっています。
就任祝いのように数万円する胡蝶蘭の花を贈る必要はなく同じ会社関係というだけなら3千円から1万円くらいが相場になっています。

 

お祝いについても記念に残るようなものやカタログギフトなど特にこだわることはありません。
直属の部下である場合は個人的に渡すのはNGで同僚などとお金を出しあって贈るのが一般的となっています。

 

あくまで気持ちという点が就任祝いと大きく異なる点ですが、親族など近い関係になってくるとお祝いの相場も変わってきます。

 

大阪にお祝いの胡蝶蘭を贈る