開業や開店祝いの胡蝶蘭ギフトの相場

親しい人やお世話になっている人が事業を始める場合やお店を始める場合は新しい門出を祝ってギフトを贈るのが一般的なマナーとされており、中心となる人との間柄によって異なってくる部分はあるものの何を贈ったらいいのか分からない場合は胡蝶蘭のギフトをお勧めします。

 

胡蝶蘭がギフトとして適切なのは花言葉や長持ちしやすい植物などが理由になっているのですが、胡蝶蘭と言っても金額はピンきりなので開店や開業祝いにはどれくらいのお金をかけて胡蝶蘭を用意したらいいのか悩むポイントにもなります。

 

家族や親族が開業や開店した場合の相場は1万円から3万円程度になっていますが、同じ1万円でも買うお店によっては2万円に見えることもあれば5千円に見えることもあるので購入するお店の技術なども選ぶポイントにはなります。

 

また、友人や知人に贈る場合は1万円から2万円が相場になっていますが、これだけでは足りないという場合は併せて何かギフトを贈るという方法もあります。

 

そして取引先の人が開業や開店する場合は3万円から5万円が相場になっており、関係性によってはもっとお金をかけることもありますが、あまり近い関係性ではない場合は予算を下げても問題はありません。

 

ちなみに、お供えで送る際の相場としては15000円から3万円が一般的です。
お葬式の生花は15000円からになります。葬儀会場に送る場合はこの値段と相応のものを注文するのが良いでしょう。

 

葬儀以外でご自宅へ送る場合は1万円から3万円で、相手との関係の深さで値段を決めるのが一般的です。
間を取って2万円くらいが無難です。

 

相場だけを気にするのではなく、購入しようとしている花がどれくらいの価値に見えるかということも考慮した上で選ぶことが大切で、実際の金額よりも高い金額に見られるお花を購入するのが望ましいでしょう。

 

大阪胡蝶蘭